読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしまいちゃんべんきょうにっき

文系女子の人生おしまいちゃんです。日々の勉強あれこれ記録していきます。

27

こんばんまい

 

土曜日ブログ忘れたー勉強したのに。

 

今日は過去問ととえいく本

かこもん

H26秋71/80(2回目)

H26春53/80(1回目)

 

一回見たことあるだけで、アイウエのどれかわかる問題とわからない問題とある。何故だろう。

昔からそうなのだが。

問題文と答えの番号を覚えてしまう。

どうしてその答えになるのか、どうやって求めるのか、じゃなくて。

だから私は詰めが甘く、結果が残せないのだと思う。

私は頭が悪いので、物事を根本的に理解することが出来なくて、それを取り繕うように体系的な学習では暗記して暗記して乗り越えてきたのでは無いだろうか?と思う。

集中力はないし、数字を扱ったり、順番をしっかり守って答えを出すものは苦手だし、何らかの知的障害なのではないかと思う。

うぅぅ、つらいなぁ。

 

 

 

 

 

 

「勉強は役に立たない」とか「何のために勉強するのかわからない」とかそんなエントリが人気になっていて、読んだのだが、そういうことを言い始める人は大体勉強してない。

私も全く勉強していない時はよくそう言っていた。

その物をしっかりと理解し、役に立てられるようにするほど勉強しなかっただけだし、何の為に勉強をするのかわかるまで勉強しなかっただけだ。何の為に勉強するか、は個人によって答えは違うものだろうと思うが。

たくさんのものを学び、理解することで、選択肢が増えることは確かだと思う。

そうしてチャンスを増やすか、無知によってチャンスを逃すかの違いでしかない。と考える。

 

学校の勉強が役に立たないとか言う人は、不勉強なために、具体例をあげてやらねば気付かないほど、視野が狭い。そして自分が「やらされた」事に対して、無駄だとか言って卑屈になっている。

学校の勉強が役に立たないと発言することは、「私は不勉強であり、視野が狭く、卑屈な人間である」と宣言しているのに近いように思う。

 

学校の勉強が役に立たないのではなく、担当した教師が無能だった為に、ものを知ることの面白さを味わうことがなく、そして自分の努力が不足していた為に「学校の勉強など使わなくても出来るような仕事」と思われる職に就いた為にそのように感じるのだろう。

大変、哀れ。

 

学校の勉強など役に立たないと思って生きていくのは自由だが、学校で勉強をする世代にそのようにいい伝える事は控えるのが、良い大人の振る舞いだと思う。

しかし、良い大人というものは、大抵勉強の価値を理解しているものだと思うので、勉強は無駄だとか言う人は、だれそれ構わずピーピーと言い続けるのだろうね。

大変、哀れ。

 

 

 

 

 

おしまい。

ばいばい。